私は10年くらい前から朝になるとお腹が毎日痛い状態が続きました。
痛さは相当痛い時と少し痛い時と日によって違います。
お腹が痛いなんてことは誰にでもあることですがお腹が毎日痛いというのはどう考えても異常で、深刻な病気なんじゃないかと不安で仕方ありませんでした。だから10年の間に病院、開業医へ何度も行きました。胃カメラも、大腸内視鏡も何回もしました。ですがいまだに治りません。

 

でも昨年ある病院の先生が私の胃カメラのカラー写真を見てこれは一生治らないなあと言いました。
びっくりした私に先生があなたの胃と大腸には粘膜に繊毛と言うものが普通の人の何倍もついている。これがこすりあって痛みを発生させている。
朝痛くなるのは胃や大腸が空っぽの状態になるから、余計すれあって痛さをもたらすので直しようがないから粘膜を強化する薬を出すからそれを飲んで下さいと言われました。

 

そんな事を言われても痛いのは痛いのです。お腹が毎日痛いというのはとてもつらいです。
もう定年は過ぎましたから寝ていてもいいのですが寝ていたって治るものではないし、何かをしている方が気が紛れますのでPCでニュースを見たりして痛くなくなるのを待ちます。大体午前中は特に痛いです。午後と夜は痛みは薄れます。

 

世の中には私のようなこんな程度の病気ではなくて原因のわからない本当に痛さを我慢できない位苦しんでいる人がたくさんいる事も病院の先生から聞きました。
ペインクリニックと言う医院が隣の市にはありますが、大変な混みようだそうです。麻薬で痛みを軽減させるのだそうです
私の腹痛もほとんど毎日ですのでつらいですが、もっとつらい思いをしている人がいると聞いて、医学は進歩したけれどまだまだ原因と治療方法のわからない病気が沢山ある事を知りました。

 

私も寿命のある限り苦しみますが、もっと何倍も何十倍も苦しんでいる患者さんが沢山いることを知り更なる医学の進歩を期待します。